感染症を治療する時に用いられるオゼックスの効果や副作用を解説します!

また服用をオススメ出来ない人や注意すべき飲み合わせについて解説していきます。

渡邉 孝正

Sponsored Link

 

目次 必要な場所から読んでください

オゼックス(トスフロキサシントシル酸塩)とは?

 

インフルエンザ、肺炎、感染性胃腸炎などの感染症は細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入して起こる病気です。

病原体の感染は野生動物や蚊・ダニなどの媒介生物、飲料水・食べ物を介して、あるいは人から人に直接侵入して起こります。

病原体を殺菌あるいは増殖を止める抗菌薬には病原微生物の細胞壁、タンパク、遺伝子の合成を阻害する薬や細胞膜を傷害する薬があります。

病原菌の遺伝子合成を阻害するトスフロキサシントシル酸塩を主成分とする抗菌薬オゼックスです。

オゼックスは富山化学工業綜合研究所で開発されたニューキノロン系の経口抗菌薬で、

ブドウ球菌などのグラム陽性菌、緑膿菌などのグラム陰性菌、嫌気性菌やクラミジアなど幅広い種類の病原菌に効果があり呼吸器科、泌尿器科、産婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻科および歯科口腔外科領域の感染症治療に使用されています。

 

錠剤と点眼液の他に細粒小児用があり小児肺炎、小児耳鼻炎の治療で治りにくく重症化しやすい薬剤耐性菌感染にも効果が期待できる薬です。

またオゼックスは炭疽菌やコレラ菌に対する適用も取得しておりテロ対策用の薬としても使用が考えられています。

 

オゼックスとはこんな時に服用します

オゼックスはトスフロキサシンに感受性のある下表の病原菌による感染症を治療する時に用いられます。

適応菌種 ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌、腸球菌、淋菌、モラクセラ・カタラーリス、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロヒデンシア属、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、バークホリデリア・セパシア、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクター属、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、アクネ菌、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)
適応症 ●表在性皮膚感染、深在性皮膚感染、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)

●外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍

●骨髄炎、関節炎

●咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染

●膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎

●胆嚢炎、胆管炎

●感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ

●バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属炎

●涙嚢炎、麦粒腫、鍵盤腺炎

●外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎

●歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

●炭疽

 

オゼックスの種類・形状・サイズについて

オゼックス錠と細粒の形状・サイズを下表にまとめています。

  オゼックス錠75 オゼックス錠150 オゼックス細粒小児用15%
形状 白色のフィルムコーティング錠 淡赤色で芳香があり甘味のある細粒
サイズ 直径;7.6mm

厚さ;3.8mm

直径;8.6mm

厚さ;4.7mm

30号ふるい(0.5mm)に95%通過する細粒

Sponsored Link

 

オゼックスの効果・効能

 

オゼックス錠は国内医療機関において腸チフスとパラチフスに対する高い有効性が報告されています

 

またオゼックス錠を服用した感染症患者と服用していない患者を二重盲検比較試験で調べることで呼吸器感染症、複雑性尿路感染症、産婦人科領域感染症、皮膚科領域感染症、中耳炎、歯科・口腔外科領域感染症に有用であると認められています。

 

オゼックス細粒は小児の肺炎と中耳炎に高い治療効果を示すとともに抗菌薬であるペニシリンに耐性の肺炎球菌、ペニシリンやセフェム系抗菌薬に耐性のインフルエンザ菌(中耳炎、気管支炎等を引き起こしますがインフルエンザの病原体と同定されているインフルエンザウイルスではありません)にも治療効果が高いことが分かっています。

 

また小児のマイコプラズマ肺炎では治療薬のマクロライドに耐性のある肺炎に対しても高い治療効果をオゼックス細粒は示しています。

 

細菌の殺菌効果

生物の遺伝情報であるDNA(ディーエヌエー:デオキシリボ核酸)が機能を発揮するためにはDNA単独では不十分です。

らせん状のDNA分子が絡み合いコンパクトに折り畳めれた構造を解きほぐし遺伝情報を読み取れる構造に変えるための様々なDNA結合たんぱくが必要です。

 

オゼックスは、これらタンパクの中のDNAジャイレースとトポイソメラーゼⅣに結合することでDNAの機能を妨げて細菌の増殖や生存を止めます。

オゼックスをDNAジャイレース分子やトポイソメラーゼⅣ分子に加えることで、これら分子の機能を止めることが生体外の試験で証明されています。

 

また好気性および通性嫌気性グラム陽性菌、偏性嫌気性グラム陽性菌、クラミジア菌、マイコプラズマ、レジオネラ属、炭疽菌などにオゼックスを添加することで殺菌作用があることも確認されています。

Sponsored Link

 

オゼックスの副作用

 

オゼックス錠が医薬品として承認されるまでの臨床試験では3.23%の患者に、承認後6年間では0.76%の患者に副作用が確認されました。

 

オゼックス細粒は臨床試験で肺炎及び中耳炎の小児患者(1~15歳)の26.38%に、マイコプラズマ肺炎の小児患者の15.15%に副作用が認められています。

 

医薬品承認後のオゼックス細粒は759例に対して2.77%の副作用報告があります。

 

オゼックスの副作用一覧

オゼックスの重大な副作用と、その他の副作用を下の表にまとめています。

重大な副作用症状
ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、浮腫、発赤
中毒性表皮壊死融解症 高熱(38℃以上)、目の充血、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる
皮膚粘膜眼症候群 高熱(38℃以上)、目の充血、めやに、瞼の腫れ、唇や陰部のただれ、排尿・排便時の痛み、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる
痙攣、意識不明 顔や手足の筋肉のびくつき、一時的に意識が薄れる
急性腎不全、間質性腎炎 尿量が少なく乏しい、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、倦怠感、発熱、関節の痛み、悪心・嘔吐、下痢、腹痛
肝機能障害 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸(皮膚や粘膜が黄色く染まる)、発疹、吐き気・嘔吐、かゆみ
無顆粒球症、血小板減少 発熱(突然の高熱)、咽頭痛、皮下・粘膜出血
大腸炎 腹痛、頻回の下痢、血便
間質性肺炎、好酸球性肺炎 発熱、せき、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多
横紋筋融解症 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇
低血糖 冷や汗・悪寒、寒気、動悸、脱力感、頭痛、意識障害

 

またニューキノロン系抗菌薬ではアキレス腱炎や重症筋無力症の悪化が副作用として報告されています。

 

その他の副作用(錠剤)
症状 頻度
過敏症 発疹、光線過敏症 0.1~1%未満
掻痒感、じん麻疹、発熱 0.1%未満
腎臓 クレアチニン上昇 0.1~1%未満
BUN上昇、血尿 0.1%未満
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、A1-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、ビリルビン上昇 0.1%未満
消化器 胃・腹部不快感、悪心、下痢・軟便、胃・腹痛 0.1~1%未満
嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、便秘、口内炎、口渇、舌炎 0.1%未満
血液 白血球減少、好酸球増多、血小板減少、貧血 0.1~1%未満
精神神経系 幻覚 0.1~1%未満
頭痛、めまい、しびれ、不眠、振戦 0.1%未満
その他 関節痛、味覚異常 0.1~1%未満
倦怠感 0.1%未満

 

その他の副作用(細粒)
症状 頻度
過敏症 発熱、発疹、紅斑、光線過敏症 0.1~1%未満
潮紅、掻痒感、湿疹、じん麻疹 0.1%未満
腎臓 尿円柱、血中クレアチニン増加 0.1~1%未満
尿中血陽性、尿中赤血球陽性、遺尿、BUN増加、血尿 0.1%未満
肝臓 AST(GOT)増加、ALT(GPT)増加、ALP増加、LDH増加、γ-GTP増加、ビリルビリン増加 0.1%未満
消化器 下痢 5.22%
嘔吐 3.73%
食欲不振、腹痛、口渇、便秘 0.1~1%未満
悪心、口渇水泡、腹部膨満、胃・腹部不快感、口内炎、舌炎 0.1%未満
血液 好酸球増加、白血球減少、血小板減少、貧血 0.1~1%未満
単球数増加 0.1%未満
精神神経系 傾眠、幻覚 0.1~1%未満
せん妄、頭痛、浮動性めまい、しびれ、不眠症、振戦 0.1%未満
その他 味覚異常 0.1~1%未満
関節痛、蒼白、血中CK(CKP)増加、血中クロール減少/増加、亀頭包皮炎、倦怠感 0.1%未満

Sponsored Link

 

アナフィラキシーショックとその対処法

呼吸困難、浮腫、発赤等のアレルギー性のショック症状が認められた場合は至急、主治医に連絡を取って受診してください。

薬の使用の中止も含めて適切な処置が必要となります。

 

重い皮膚・粘膜障害とその対処法

38℃以上の高熱や目の充血、めやに、目の腫れ、皮膚の広範囲が赤くなるなどの症状が副作用として報告があります。

症状を放置すると目や呼吸器の病変が重篤化するので速やかに医師あるいは薬剤師に連絡し投与中止を含めた処置を受けてください。

 

けいれん・めまいとその対処法

けいれんやめまいなどが進行すると意識障害に至る危険性があります。

すぐに医師へ症状を報告し投与中止を含めた処置を受けてください。

 

肝臓の重い症状とその対処法

皮膚や粘膜が黄色く染まるようならば黄疸の可能性があります。

受診して必要ならば肝機能検査を受けてください

検査値から肝機能異常が認められた場合は投与の中止などの必要な処置を受けてください。

 

重い血液成分の異常とその対処法

発熱、咽頭痛、皮下・粘膜出血が認められた場合は血液に対する重篤な薬の副作用の可能性があります。

病院で血液検査を受けて血液中の血小板や顆粒球の数が減少する異常が確認された場合は投与の中止を含めた必要な処置を受けてください。

 

大腸炎とその対処法

腹痛、何度も下痢をする、便に血が混じっているなどの症状は薬の副作用である大腸炎の可能性があります。

直ちに症状を医師に報告し投与の中止を含めた処置を受けてください。

 

 

横紋筋融解症とその対処法

筋肉痛や手に力が入らないなどの症状が認められた場合は薬の副作用の可能性がありますので早急に血液検査あるいは尿検査を受けてください

CK(CPK)値や血中あるいは尿中ミオグロビン値の異常が確認された場合は横紋筋に副作用が生じていることが考えられますので投与の中止を含めた処置を受けてください。

 

腎臓の重い症状とその対処法

発熱、発疹、関節の痛み、悪心・嘔吐、下痢などの症状が持続する場合、その後にむくみや尿が少なるなどの症状が認められた場合はすぐに主治医に報告し受診してください。

検査などの診察後に腎臓の異常が分かった時には投与の中止含めた処置を受けてください。

 

間質性肺炎とその対処法

階段を登ることや少し無理をすると息切れをする。

空咳が出る、発熱するなどの症状が急に出るまたは持続する場合は放置せずに医師や薬剤師に報告してください。

薬の副作用である間質性肺炎であった場合は副腎皮質ホルモンの投与など必要な処置を受けてください。

 

低血糖とその対処法

冷や汗が出る、気分が悪くなる、急に強く空腹を感じる、ふるえるなどの症状を自分で感じることや、周りの人が普段と違ってボーっとしていたり、ろれつが回っていなかったりしていると気づいた場合は薬の副作用である低血糖の可能性があります。

医師に投与の中止も含めて相談してください。

 

アキレス腱炎とその対処法

アキレス腱の断裂などがあった場合はオゼックスを処方した医師に報告して必要な処置を受けてください。

 

発疹・蕁麻疹とその対処法

発疹やじん麻疹など皮膚に限定された症状で粘膜、呼吸器、消化管に異常が無い場合は医師及び薬剤師に症状を報告してください。

Sponsored Link

 

光線過敏症とその対処法

日光などの光があたって皮膚が赤くなることやボツボツなどの発疹が出来ていて他に異常が無い場合は皮膚を露出しないような服装に心がけることや野外への外出を控えてください。

光を遮ることで皮膚の異常が治まるようでしたら光線過敏症の可能性があります

医師あるいは薬剤師に症状を報告してください。

 

下痢・軟便・便秘とその対処法

下痢、軟便、便秘が起こる場合は頻繁に下痢が起こることや便に血が混じることが無く、むくみなど他に異常が認められない場合は医師あるいは薬剤師に症状を報告してください。

 

吐き気とその対処法

吐き気のみで、頻回の下痢やむくみなどの他の異常が無い場合は症状を医師あるいは薬剤師に報告してください。

 

関節痛とその対処法

関節痛のみで発熱、むくみなどの他に異常が無い場合は医師あるいは薬剤師に報告してください。

 

眠気とその対処法

眠気がある場合は機械や車の運転などの作業を控えるようにしてください。

眠気については医師あるいは薬剤師に報告してください。

 

薬剤師からのワンポイントアドバイス

オゼックスに限らず、ほとんどの抗菌薬を内服すると腸内細菌にも作用することで下痢などが起こることがあります。そのためビオフェルミンやラックビーといった腸内細菌を保護するような乳酸菌製剤が併用で出されることがあります。お腹の弱い人は抗菌薬(抗生物質)が処方された時には、お医者さんにこれらの薬の処方も頼まれることをお勧めします。

お薬画像

 

Sponsored Link

 

オゼックスの用量用法・服用方法

 

オゼックスは感染症の重症度に応じて投与量を増やしますが、耐性菌の出現を避けるために必要最小限の投与期間での使用が望ましいです。

 

オゼックスの正しい飲み方や服用回数

通常、成人に対してトスフロキサシントシル酸塩水和物として1日に300~450mgを2~3回に分けて経口投与します

感染が重症であるか効果不十分の場合は1日600mgを3~4回に分けて経口投与します。

腸チフス、パラチフスに対しては1日600mgを14日間経口投与します。

 

オゼックスの妊婦や授乳中の服用方法

妊婦や授乳中の女性に対する安全性は確立していないので投与はしないようにしますが炭疽やコレラの場合は使用するメリットとリスクを考慮して有益性が上回る場合には使用します

炭疽に関しては米国疾病管理センターが60日間の使用を推奨しています。

 

オゼックスの高齢者の服用方法

高齢者では腎臓機能が低下しており腎臓からのオゼックス排出が不十分で血中濃度が高くなり副作用が出てくる危険性が高くなります。

用量や服用間隔に注意して使用する必要があります。

実際に68~83歳の高齢者でオゼックス服用後に血中濃度が増加していることが報告されています。

Sponsored Link

 

オゼックスが効くまでの時間

 

オゼックスの種々の感染症に対する臨床試験の結果から7~14日間連日投与することで治療効果が確認されています

 

オゼックスの効果持続時間や服用間隔

 

オゼックスは抗菌薬ですので薬の効果を得るためにはオゼックスが病原菌に到達・接触していることが必要です。

成人で1日3回6時間ごと7日間の服用で朝の服用前の血中濃度が0.24~0.34ug/mLを推移しています。

これは多くの病原菌の発育を阻止する最小量を上回る値です。

 

またオゼックスの半減期は約4~6時間でした。

これらの試験結果からオゼックスの効果が持続する服用方法として約6時間ごとの服用が推奨されています

 

血中濃度の半減期について

成人に対してオゼックスを食後に経口投与した約2時間後に最高血中濃度に達しています。

 

各症状別の服用量・服用間隔

成人に対して一般的な感染症ではトスフロキサシントシル酸塩水和物として300~450mgを1日に2~3回に分けて経口投与します。

重症化した感染や効果が十分でない場合には1日600mgを3~4回に分けて経口投与します。

パラチフス、腸チフス感染では1日600mgで14日間服用します。

 

炭疽に関しては米国疾病センターが60日間の使用を推奨しています。

Sponsored Link

 

オゼックスが効かない!そんな時の対処法

 

抗菌薬がどの菌に対して殺菌あるいは静菌作用を示すかを抗菌スペクトルと呼びます。

オゼックスは幅広い抗菌スペクトルを持ちますが全ての菌に対して作用できるわけではありません。

 

オゼックスが医薬品として有用であることが確認されていない非適用の菌としてMRSA、ジフテリア菌、クロストリジウム菌、髄膜炎菌、百日咳菌、ブルセラ菌、ペスト菌などがあります。

これらの菌が原因の感染症にはオゼックスは有用ではないため他の抗菌薬を使用します。

 

オゼックスの服用がお勧めできない人

 

オゼックスを以前に使用してアレルギー症状を経験した過敏症の人が再度オゼックスを使用すると危険なショック症状に陥りますので使用は禁じられています。

 

妊婦や授乳婦にはオゼックスを使用して安全であるか否かの調査が行われていませんので予期しない副作用の危険性があり原則として使用は禁じられています。

 

オゼックスの妊娠中・授乳中の服用

オゼックスは妊娠中・授乳中での服用は副作用リスクが調査されていないため禁じられています

 

しかし炭疽やコレラなど生命に関わる感染症の場合は使用のリスクとメリットを考慮して有益性が上回ると判断される場合に使用されます。

 

オゼックスの幼児の服用

低出生体重児(WHO基準で出生時の体重が2600g以下)、新生児(生後4週間未満)、乳児(1歳未満)に対してオゼックスの使用経験が無く安全性が確立されていないため使用は避けます

幼児(7歳未満)を含む1歳~15歳未満の中耳炎及び肺炎の小児に対してオゼックスは使用されています。

 

 

オゼックスの高齢者の服用

オゼックスは腎臓で排出される薬ですが高齢者では腎機能が低下し排泄不十分のため血中濃度が高くなります。

そのため副作用の危険性が高くなるので使用量や投与間隔を減らすなど注意しなければなりません。

 

オゼックスと他の抗菌薬を比較

 

抗菌薬の作用機序による分類を下の表にまとめています。

オゼックスは細菌のDNA・RNA合成を阻害して殺菌あるいは静菌作用を示すキノロン系薬剤です。

作用機序 抗菌薬の系統
細胞壁合成阻害薬 (1)  βラクタム系

・ペニシリン系

・セフェム系

・カルバペネム系

・モノバクタム系

(2)  グリコペプチド系

(3)  ホスホマイシン系

蛋白合成阻害薬 ・アミノグリコシド系

・マクロライド系

・テトラサイクリン系

・リンコマイシン系

・ストレプトグラミン系

・オキサゾリジノン系

DNA・RNA合成阻害薬 ・キノロン系

・リファンピシン系

・ST合剤

細胞膜阻害薬 ・ポリペプチド系

・リポペプチド系

 

オゼックスとメイアクトの違い

オゼックスはニューキノロン系の抗菌薬でグラム陰性菌からグラム陽性菌まで幅広い抗菌スペクトルを有しています

一方メイアクトは第3世代セフェム系抗菌薬でグラム陽性菌や緑膿菌に対する作用は弱くグラム陰性菌に対して有効性を示します。

 

オゼックスとフロモックスの違い

オゼックスはグラム陰性菌からグラム陽性菌まで幅広い抗菌スペクトルを有しますが、フロモックスは第3世代セフェム系抗菌薬でグラム陽性菌には作用は弱くグラム陰性菌に有用です。

Sponsored Link

 

オゼックスの飲み合わせに注意!

 

オゼックスには飲み合わせることで効果や副作用に重大な影響を与える薬は報告されいません。

 

気管支喘息や気管支炎の薬であるテオフィリン製剤(テオドール、ユニフィルLA、ユニコン、テオロング、スローピッド)とオゼックスを飲み合わせるとテオフィリンの分解が妨げられ血中濃度が上昇しテオフィリン中毒症状である消化器障害、頭痛、不整脈、痙攣が出現する危険があります。

 

非ステロイド系抗炎症剤と飲み合わせると痙攣等が出てくる危険があります。

マグネシウムやアルミニウムを含む制酸剤との飲み合わせでオゼックスの抗菌作用が弱くなることがあります。

 

オゼックスは市販で手に入る?

 

オゼックスの主成分であるトスフロキサシントシル酸塩を含有したジェネリック医薬品はありますが、ドラッグストアや薬店で購入できる市販薬はありません

 

オゼックスと同成分の市販薬

オゼックスの主成分のトスフロキサシントシル酸塩を含む市販薬はありません

 

オゼックスの添付文書について

 

オゼックスの添付文書では冒頭の赤枠で使用が禁じられているオゼックスに対してアレルギー既往歴のある患者と妊婦についての記載があります。

 

その後に「組成・性状」、「効能・効果」、「用法・用量」、「使用上の注意」について記載があります。

オゼックスの使用前に添付文書の一読をおすすめします。

Sponsored Link

 

オゼックスのQ&A

 

Q&A

子供が風邪をひいた際にオゼックスを処方。1回使っただけで解熱効果があり、RSウイルスにかかった時もオゼックスに助けられたことがあります。噂通り強力な抗菌剤といえますか?

オゼックスは幅広い種類の病原菌に有効ですが殺菌作用を示さない菌も存在します。

そのような菌に対してオゼックスは薬として有用ではありません。

マイコプラズマの診断でオゼックスを勧める内科・耳鼻科医が増えているのは危険。マイコプラズマならばクラリスで効果は十分。溶連菌の場合はメイアクトが効果あり。不必要にオゼックスのような強力な抗菌剤を乱発するのは耐性を考えた場合に非常に危険。

クラリスやメイアクトもオゼックスと同様に重篤な副作用の危険があり、不必要に長期間使用することで耐性菌が生じます。

使用方法と使用上の注意を守らない場合はどのような薬でも同様に危険です。

2歳男児、オゼックスを6H空けて服用する指示を受けたのに5H空けずに飲んでしまった。心配ないでしょうか?

オゼックスは薬を服用する間隔が安全性の観点から厳密にコントロールしなければならない薬ではありません。

小児にオゼックス細粒を6mg/kgあるいは9mg/kg投与した場合の半減期は約4時間と報告されています。6時間間隔の投与は1日2回投与で薬の効果が効率的に得られて小児が1日2回の服用を守りやすいことを念頭に決められています。6時間間隔が5時間間隔でも安全性には問題ありません。

オゼックスは牛乳などの乳製品との相性が良くないと聞いているが、2歳女児オゼックスを2日間服用。すぐに牛乳は飲ませない方が良いでしょうか?

オゼックスは牛乳のカルシウムと結合して効果が弱まります。

すぐに牛乳を飲ませるのは避けてください。

2歳3か月の子供、軽い気管支炎の診断でオゼックスを服用後症状は落ち着いて。余り長い間服用させたくないのだが、自己判断で止めてもいいか?

オゼックスのような病原菌の殺菌を目的とした抗菌薬は咳や発熱などの症状が治まっていても病原菌が十分に殺菌されておらず使用を中止すると再発する可能性があります。

効果不十分な状態で長期間使用すると耐性菌の出現にもつながりますので中止しないでください。薬の使用は医師に確認せずに中止すると危険ですので止めてください。

マイコプラズマの疑いで11カ月の乳児にオゼックスを処方された。3日間服用後、解熱したが食欲が急激に低下した。処方は7日間、まだ続けた方がいいのか?

オゼックスは乳児(1歳未満)に対して安全性が確立していません。

食欲低下について医師や薬剤師に早急に連絡して薬の使用中止も含めて相談してください。

小5の子供にオゼックスは1日何回服用するのか知りたい。

1日2回を服用します。

オゼックスの殺菌効果が得られて子供が規則正しく服用しやすい服用方法として1日2回が推奨されています。

オゼックス服用後咳症状が悪化、倦怠感・筋肉痛がひどくなった。これは副作用といえるのか?

オゼックスが効かないため咳が悪化し、それに伴ってけん怠感や筋肉痛が出ている可能性があります。

オゼックスの服用量の増加やオゼックスの効かない菌である可能性について医師と相談し適切な処置を受けてください。

前立腺炎でオゼックスとセルニルトンを服用中、めまい・フワフワ感・動悸・ほてりが出ている。これも副作用の一つなのか?

オゼックスの副作用としてめまい、幻覚、動悸などがあります。

機械や車の運転は控えるとともに医師に報告して必要な処置を受けてください。

ものもらいにオゼックスの点眼液を使用しても問題ないか?

ものもらいは、まぶたの脂や汗を出す腺が細菌に感染されて起こります。

医学名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言い黄色ブドウ球菌が原因菌であることがほとんどです。黄色ブドウ球菌に殺菌作用を有するオゼックス点眼液はものもらいに有効です。

オゼックスの服用中に使う鎮痛剤で、カロナールとロキソニンだったらどちらが良いでしょうか?

オゼックス錠では非ステロイド抗炎症薬と飲み合わせることで痙攣などが生じる危険性が報告されています。

非ステロイド抗炎症薬であるロキソニンではなくアセトアミノフェン製剤のカロナールとの併用をおすすめします。

5か月の乳児が中耳炎を発症したが、その際にオゼックスを処方された。強い薬で服用が不安。セカンドオピニオンなどで確認した方が良いのか?

1歳未満の乳児でオゼックスの安全性は確認されていませんので医師あるいは薬剤師に処方について問い合わせてください。

クラミジアにオゼックスは効きますか?

オゼックスはクラミジアに対して殺菌作用があることが分かっています。

ロキソニン・オゼックス・ムコダイン・ムコスタの併用は問題ないですか?

風邪、上気道炎、気管支炎などに対する鎮痛としてロキソニン、感染菌の殺菌にオゼックス、痰の除去にムコダイン、薬の胃腸障害を和らげるための胃薬であるムコスタの処方です。

ロキソニンとオゼックスの飲み合わせで痙攣などの副作用が出る危険性がありますのでロキソニン以外の鎮痛薬への変更を医師あるいは薬剤師に相談してください。

オゼックス服用で激しい吐き気が出て、胃液まで出るほどなのですが、再受診した方が良いでしょうか?

生活に支障が出るほどの症状が出た場合は、すぐに医師に症状を報告して必要な処置を受けてください。

 

お薬画像

薬剤師 まとめ

オゼックスについて下にまとめの表を示します。

商品名 オゼックス錠75、オゼックス錠150、オゼックス細粒小児用15%
主成分 トスフロキサシントシル酸塩
薬理作用 細菌の遺伝子機能阻害により増殖と生存の抑制
適用疾患 トスフロキサシン感受性菌感染による以下の疾患

●表在性皮膚感染、深在性皮膚感染、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡

●外傷・熱傷及び手術等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍

●骨髄炎、関節炎

●咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染

●膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎

●感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ

●バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属炎

●涙嚢炎、麦粒腫、鍵盤腺炎

●外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎

●歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

●炭疽

用法用量 ・成人に対して1日300~400mgを2~3回に分割服用

・効果不十分例には1日600mgを3~4回に分割服用

薬物動態 オゼックスの経口投与2時間後に血中濃度が最高値に到達
副作用 ●重大な副作用;アナフィラキシーショック、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、痙攣、意識不明、急性腎不全、間質性居腎炎、肝機能障害、無顆粒球症、血小板減少、大腸炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、横紋筋融解症、低血糖

●その他の副作用;過敏症、腎機能障害、肝機能障害、消化管障害、血液異常、精神神経系障害、その他(味覚異常など)

Sponsored Link